韓国ドラマ

韓国ドラマにハマる2020〜【愛の不時着編】〜

投稿日:

久しぶりに書きます・・

2020年はコロナ禍で今までの生活とは一変し、アウトドア派の方も家で過ごす特別な年となっているのではないでしょうか。
元祖韓ドラといえば冬のソナタ、天国の階段など、自分の母親がどっぷり沼にハマっていたのを思い出しますが、大人になった自分もすっかり最新の韓流ドラマにはまってしまいました。

いまはテレビも自分で選択をしてみる時代となり、月に1,000円程度払えば何千本ものドラマや映画が見れる。
その中のひとつ、Netflixに我が家は加入していたので、私は韓国ドラマにハマることになってしまいました。

今年、話題になったのは【愛の不時着】ですね~
真っ先にインパクトを受けたのはタイトルですよね。日本人の私たちにとっては頭に強烈に残るりやすいネーミング!

日本で言ったら昼ドラに使われそうなネーミングです。
最初はそう、ただ思うだけだったんだけど、なになに、北朝鮮の堅物な将校と韓国の財閥令嬢がうんちゃらかんちゃら‥

北朝鮮を舞台にしたドラマ?!まずそこに第一の興味をそそられますよね。
これちょっと見てみたいに変わりました。そして、10回はリピートして今に至る。。
皆さんも一回見ればドはまりするはずです。
簡単なおすすめポイントをご紹介していきたいと思います。

中毒性のある脇役キャラクター(登場人物)たち

★セリが北朝鮮に不時着してから、すぐに登場するのですが、リ・ジョンヒョク氏を取り巻く4人の隊員たちがいます。

まず一人目、クム・ウンドン。初級兵士として10代の若さで親元離れ、頑張っている可愛い末っ子です。
とにかく、素直で優しく、笑顔が可愛い、まだあどけなさの残るキャラクターです。

二人目、キム・ジュモク。中級兵士ですが、なんと韓国ドラマだが大好きで仲間の誰よりも韓国のことを知っています。
セリの言動について通訳的な役割をしたり、一昔前のドラマに涙を流し誰よりもチェ・ジウの大ファンであります。

三人目、ピョ・チス。口は悪いしセンスも悪いけど、情に厚くいい奴、憎めないキャラクターです。
セリとピョ・チスの掛け合いは本当に面白くて、何度も何度も笑わせて頂きました!

四人目、パク・グァンボム。隊員たちの中でもひときわ端正な顔だちに真面目で寡黙な性格です。
中隊長のリ・ジョンヒョク氏が最も信頼を置いている存在でもあります。

★耳野郎(盗聴が仕事、チョルガン少佐から弱みを握られセリとリ・ジョンヒョクの周囲を盗聴している)

名前はチョン・マンボク。
本来はとてもいい人間なのだが、悪役のチョルガンから脅されて仕方なく協力している。
リ・ジョンヒョク氏の亡くなった兄の真相を知る重要人物でもあります。
後半の韓国編でも大きく活躍してくれます!

★村のおばさんたちと、ジョンヒョク婚約者の母

この村のおばさま方はシリアスなドラマの中、笑いと癒しをもたらしました!
村での生活様式は実際の北朝鮮の生活に近いよう作成されているようです!
一見、いじわるなのか?と思わせるおばさま方ですが、温情のある方々ばかりでした。
ジョンヒョク婚約者のソ・ダンのお母様は、平壌のデパート社長ですが、とてもキャラが濃い!w
こちらも最初は嫌味な奴か?と思ったものの、見続けているとわかるのですが、娘のダンのことをとてもよく思い、だれよりも情のあるお母さんです。

もうひとつの恋物語がある?!

セリとジョンヒョクの恋がメインで進んでいきますが、見逃せないのはジョンヒョクの婚約者ソ・ダンと、セリのお兄さんからお金をだまし取って北朝鮮に逃亡してきたク・スンジュン のの恋愛模様です。
このあたりの心理の変化もよく描かれていて、続きが気になる!!
ダンも最初は憎たらしいのかもと思いきや、可愛い部分が本当に多い!

セリとジョンヒョク 

二人は運命ということが、徐々に後半に向けて明らかになっていくのですが、こまごまと伏線が張られています。
それらをどんどん回収してゆく・・すっごく気持ちがいいです。
例えば、劇中に出てくるスイスは2人にとって、とても重要な場所であります。
舞台は北朝鮮と韓国だけではないんですね。

セリとジョンヒョクの恋心の動き方ももうドキドキするような、高校生が好きってことに気付くのももうちょっと簡単だよ!って突っ込みたくなるのですが、」このじれったさがまたいいんですね。
ジョンヒョク演じるヒョンビンさんは目と間の演技が本当に上手。
セリ役のソン・イエジンさんも本当に泣きの演技が上手。

二人の演技力に本当にやられてしまいました。

私生活でも熱愛報道が出るほど、うっとりするようなルックスの二人。

二人の熱愛はファンの希望でもあるのかもしれませんね。

 

また、気づいたことがあれば追記していきたいと思います。

-韓国ドラマ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした